カジュアルウェディングとは

みなさんは、カジュアルウェディングという言葉を聞いたことがありますか。カジュアルウェディングとは、新郎新婦の自由なプログラムで行われる結婚式のことです。披露宴と二次会の中間のような雰囲気の挙式になることが多く、1.5次会と呼ばれることもあります。カジュアルウェディングには、立食ビュッフェ形式や屋外でのガーデンウェディングなど、さまざまなスタイルがあります。再婚や晩婚、子供やペットと一緒に参加したいというニーズから、若い世代を中心に注目度が高まっているウェディングスタイルです。参加者の服装なども、一般的なウェディングより自由に設定されている場合が多く、比較的気軽に参加しやすいウェディングでもあります。

カジュアルウェディングのデメリット2つ

人気のカジュアルウェディングですが、自由度が高いことを理由にデメリットも存在します。まず、新郎新婦の希望によっては、費用がかさんでしまうという点です。高級ホテルの貸し切りや海外での挙式など、こだわればこだわるほど、もちろんコストは高くなります。会場や挙式スタイルを自由に決められるカジュアルウェディングだからこそ、際限なくこだわってしまい、つい費用がかさんでしまったという声も聞きます。また、従来の結婚式とは異なるカジュアルウェディングという形式に否定的な意見をもつ人がいることも事実です。このような人をゲストとして招くときは、カジュアルウェディングという形式であること、おもてなしの心に変わりはないことなどをしっかりと伝えるようにしましょう。

結婚式が安い場合、日取りが悪かったり人気のない時期だったりという理由がある場合が多いです。それに問題がなければお得にあげやすいでしょう。